2013年04月15日

ネットでの不動産探し 業者選びに「口コミ投稿」|エリアクエスト

インターネットを利用した賃貸物件探しが定着する一方で、“おとり広告”として条件の良い架空の物件が掲載されるなどの問題も多発している。不動産情報ポータルサイト「HOME’S」を運営するネクスト(東京都港区)は、サイト内に「掲載情報110番」を設け、利用者から「成約済みの物件だった」「問い合わせに返答がない」といった指摘を受け付け、会員の不動産会社の是正指導に活用。会社選択の参考情報として実際に会社とやりとりしたユーザーによる口コミ投稿も公開している。

 首都圏不動産公正取引協議会が公表している平成24年4~9月の違反事例をみると、インターネット広告が全17件中の15件を占め、内容はおとり広告のほか築年数や面積を偽った不当表示が多かった。

 HOME’Sでは約3年半前に口コミによる「不動産会社評価」をスタート。規模や知名度にかかわらず、よりよいサービスを提供している不動産会社が選ばれる仕組みをつくる狙いもあった。物件と一緒に表示される取り扱い店の会社情報をクリックすると「口コミ・評価」のタブが付いたページが現れる。

メール・電話での対応、物件の提案、地域の提案、店舗の雰囲気、店舗での対応-の5項目について5段階評価したうえで自由にコメントを書き込める。口コミの「公開」「非公開」は店側が選択できるが、いまでは加盟約9千店舗のうち約8割が「公開」している。非表示の場合は店のみがコメントを閲覧する。

 ネクストでは口コミを増やすため、HOME’Sで問い合わせたユーザーに対してメールで投稿システムを案内。書き込みに対する店側の返信も公開しているため、積極的な利用がほかのユーザーへのアピールにもつながっている。

 ネットによる口コミ情報をめぐっては、今年初めにグルメサイトの自由投稿制度を悪用したやらせ評価が発覚し、大きな問題となった。

 ネクストは「『不動産会社評価』の活用により、ユーザーの声をサービス向上に活かしている会社もある。会社の接客姿勢をみるひとつの情報源として、口コミやそれに対する返信を活用してほしい」と呼び掛けている。(MSNニュースより引用)


不動産のみならず、最近では、ネットの口コミが参考材料になっているようですね。
エリアクエストのファシリティマネジメントコンサルティングサービスは、 従来の単なる借主の 賃借条件(立地、予算、規模等)と物件情報のマッチングによるオフィスの開設ではなく、長期的且つ経営的視点で計画的にオフィスを開設することにより、 設備投資の最小化、機能性・生産性などに対する効果の最大化等の、 借主の事業収益につながる一つの経営資源としてのオフィスを開設する提案を行っております。オフィス新設・移転の際は、情報力と組織力が強みのエリアクエストグループにお気軽にお問い合わせ下さい。
東証マザーズ上場企業エリアクエストの株価については、エリアクエストbloombregエリアクエストKmonosこちらから。
posted by 不動産ニュース at 17:57| エリアクエスト | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。